一般財団法人 京都工場保健会

作業環境測定・計量証明・分析委託・コンサルティング

WEB問い合わせはこちらから

アスベスト分析・測定

  1. ホーム
  2. アスベスト分析・測定
石綿(アスベスト)の調査・分析・測定業務について

当会、環境保健部では、石綿が重大な社会問題化する以前から、建材中石綿の定性・定量分析、大気中の浮遊石綿濃度測定など、長年にわたり石綿業務に携わっています。

石綿含有建材等の事前調査について

石綿障害予防規則第3条において、建築物または工作物の解体、破砕等の作業を行う際に、あらかじめ石綿の使用の有無を調査する必要があります。
当会では、現地調査および試料採取から結果報告まで、短納期で対応致します。

建築物又は工作物等に関する石綿の定性・定量分析

分析方法は、JIS A 1481:2014に準拠して0.1%までの精度で6種類の石綿(クリソタイル、アモサイト、クロシドライト、トレモライト、アクチノライト、アンソフィライト)に対応しております。

≫分析のご依頼はこちら

島津X線回折装置XRD-6100島津X線回折装置XRD-6100
位相差・分散顕微鏡 Nikon ECLIPSE80i位相差・分散顕微鏡
Nikon ECLIPSE80i
低温灰化装置JPA300低温灰化装置JPA300

さらに当会では、欧米で主流の偏光・分散顕微鏡を導入し、従来の分散染色法だけではなく、石綿の多色性、伸長方向の正負、消光角等を測定することにより、分析精度のさらなる向上を図っています。

偏光・分散顕微鏡 Nikon ECLIPSE LV100-UDM-POL偏光・分散顕微鏡 Nikon ECLIPSE LV100-UDM-POL