一般財団法人 京都工場保健会

作業環境測定・計量証明・分析委託・コンサルティング

WEB問い合わせはこちらから

作業環境測定

  1. ホーム
  2. 作業環境測定
  3. シックハウス測定
シックハウスの測定について
1.シックハウス測定

    調査対象物質は、ホルムアルデヒド、アセトアルデヒド、トルエン、キシレン、パラジクロロベンゼン、エチルベンゼン、スチレン等です。 シックハウス症候群の原因となる化学物質の濃度測定を実施致します。

4.症候群とは

    化学物質が原因で発生した倦怠感・めまい・呼吸器疾患などの症状を総称して、シックハウス症候群と呼んでいます。
    近年、高気密化が進んだ住宅内、改修後の建築物内等で問題となっています。

3.測定前の準備

    測定対象とする室について、屋外に面するすべての窓や扉を開放して30分間換気を行います。換気後、開放した窓や扉を全て閉鎖し、5時間以上維持した後に測定を開始します。測定場所に常時換気システム(24時間換気システム)を有している場合は、閉鎖時と測定時には稼動されても結構です。 また、このシステムに必要な給排気口も閉鎖する必要はありません。

    測定方法は、アクティブ法(吸引方式)とパッシブ法(拡散方式)の2種類があります。

(1) アクティブ法(吸引方式)
ポンプにより、室内空気中の化学物質を固体捕集管に採取する方法

    ?作業環境測定士等の技術者が現地に出向き、ポンプを使用して30 分間の測定を実施します。 正確な空気量を捕集できるため精密な測定となります。
    ? 技術者が現地に出向くため、別途出張料が掛かります。

    アクティブ法(吸引方式)


(2)パッシブ法(拡散方式)
ポンプ等の機器を使用せずに、捕集管を測定場所に24 時間設置し採取する方法

    ? ポンプ等の機器を使用せずに捕集できるため操作が簡単です。
    ? 郵送(クール宅急便)による測定が可能です。捕集管、説明書を同封して郵送し、捕集後に当会に送り返して頂きます。なお、アクティブ法と同様に、技術者が現地に出向くことも可能です。

    パッシブ法(拡散方式)

5.測定項目と分析方法等
測定項目 採取分析方法
ホルムアルデヒド、
アセトアルデヒド
DNPH誘導体固相吸着法-高速液体クロマトグラフ分析法(HPLC 法)
トルエン、キシレン、
パラジクロロベンゼン、エチルベンゼン、
スチレン等の揮発性有機化合物
固層吸着_溶媒脱着法-ガスクロマトグラフ質量分析法

当会使用HPLC当会使用HPLC
当会使用GCMS当会使用GCMS